しゃおあいらぶたいわん

台湾のあれこれを満載!

ここがすごい!台湾式シャンプーの魅力☆

大家好!しゃおあいです!

みなさんは台湾でシャンプーをしたことがありますか?

台湾では、おいしいグルメとマッサージに並んで欠かせないのが『シャンプー』です。

台湾のシャンプーは頭を洗うだけではないんです。

今日は台湾式シャンプーについて紹介したいと思います。

 

 

 

シャンプーをするためだけに美容院に行く

日本では美容院でシャンプーというと、カットやカラーにセットになっているおまけ程度ですが、台湾は違います。

台湾はシャンプーだけで一つのメニューになっているんです。

ちなみに台湾ではシャンプーを「洗頭(シートウ)」と言います。

「頭を洗う」そのままですね笑

台湾では主に女性ですが、パーティー前や友達と会う前、また疲労がたまっている時などにシャンプーだけをしに美容院に行くのは普通です。

中には自分で洗うのが面倒くさいのでシャンプーだけをしに行く人もいます。笑

安い美容院だと1回150元ぐらいでシャンプーしてくれるところもあるので便利ですね!

 

座りながらシャンプーをする

よくテレビや旅行雑誌で紹介されているので知ってる人も多いかと思いますが、台湾式は座ったままシャンプーをします。

頭に水のような液体をかけて徐々に泡立てていくという感じです。

けっこうな力ですみずみまで洗っているのになんで泡が落ちないのか何度やっても不思議です。

 

マッサージもしてくれる

台湾のシャンプーは基本的に頭皮マッサージもセットになっています。

(※値段が安いところは普通のシャンプー台だけのシャンプーかもしれないため要確認)

シャンプー前にヘッドスパのさらに上を行くようなマッサージをとっても念入りにしてくれます。

このマッサージだけでも相当疲れが取れて癒されます♬

 

面白い髪形を作ってくれる

これはほぼ観光客向けと言っていいと思いますが、シャンプー中に色々な形の髪形を作ってくれます。

店員さんに何も頼まないで作ってもらった髪形たちがこちら。

f:id:xiaoaiii:20191119220225j:plain

定番のタワー

f:id:xiaoaiii:20191119220220j:plain

ミッキーマウス

f:id:xiaoaiii:20191119220232j:plain

チャイナ?

f:id:xiaoaiii:20191119220239j:plain

ハート(多分)

f:id:xiaoaiii:20191119220250j:plain

水餃子(サザエさんかと思ったw)

f:id:xiaoaiii:20191119220255j:plain

帽子

こんな感じでおもしろおかしく色々な物を作ってくれます。

たまにこれは何?というものもあったりして、台湾のゆるい感じがまたいいです笑


台北オススメの美容院『英姿髮廊』

台北は日本人観光客が多いので、至るところに日本語で「台湾式シャンプー」と書かれた美容院があります。

ただやはり、観光客向けの値段なので700元~(約2500円)はするので、やや高めです。

そんな中、台北でコスパよし、技術よしの美容院を発見しました。それがこちら☆

 

英姿髮廊

 台北のMRT中山駅から徒歩5分のところにあります。

ここの美容院がオススメの第一の理由は、安くてシャンプーが気持ちいいのもそうですが、何より朝8時からやっていること!

他の美容院は11時開店とかで、1日のスケジュールが立てにくくなってしまうのですが、ここは朝8時から行けちゃうので9時以降はフリーになるし、午後の飛行機で日本に帰るなんてときにも最後に台湾式シャンプーを堪能できちゃうんです!

値段はシャンプーの他にマッサージと髪形作りも混みで500元ポッキリ(約1700円)です!

朝早くから行けるし他の店より1000円くらい安いので、ほんとにオススメです!

ただ朝早く行きたい場合は念のため電話で予約をしておいた方が良さそうですが、中国語ができない場合は予約なしで行ってみてもやってくれるかもしれません。

 

親が台湾に遊びに来た際も連れて行ってあげました。

言い忘れましたが、台湾式シャンプーは何の前触れもなくいきなり始まります。笑

ビックリするかもしれませんが、されるがままにやってもらいましょう。

まずは頭皮マッサージから。父もまんざらでもなさそうです。笑

f:id:xiaoaiii:20191119220213j:plain

シャンプー前のマッサージ

f:id:xiaoaiii:20191119220207j:plain

首も念入りにマッサージ

頭皮と首のマッサージが終わった後は、シャンプーに入ります。

座ったまま乾いている状態の髪に液体をかけてマッサージしていくと徐々に泡が増えていきます。

そしてそのまま念入りにマッサージ。

泡は基本落ちてこないです。美容師さんの技術恐るべし。

f:id:xiaoaiii:20191119220201j:plain

シャンプー中・・・

シャンプーが終わった後はシャンプー台に行って洗い流して、最後はブローもしてもらって終わりになります。

ブローまで入って500元はほんとに安すぎる!

頭皮マッサージのおかげで髪もツヤツヤさらさらになって、疲れも取れて髪質もよくなって最高です✨

シャンプーだけをしに美容院に行ける台湾はステキですね・・・毎日でもやりたいくらいです笑

みなさんもぜひシャンプーをしてすっきりした後に、台北観光を楽しんでみてくださいね☆

 

抹茶好きさんに送る☆台北の激うま抹茶スイーツ

大家好!しゃおあいです!

抹茶といえば日本ですが、台湾の抹茶スイーツも日本に負けていません!

そこで今日は台北のオススメ抹茶スイーツを紹介したいと思います。抹茶好きさん必見です!

 

 

Woosa屋莎鬆餅屋

台北駅から直結している京站というデパート内に入っています。

常に行列で予約ができないので、早めに行って待ってるしかないので要注意です。

この店一番の人気がこちら☆

f:id:xiaoaiii:20191118212240j:plain

濃抹茶紅豆冰淇淋鬆餅 360NTD(約1250円)

抹茶小豆ソフトクリームパンケーキです!見るからにおいしそうですよね♡

ふわっふわの抹茶パンケーキに濃厚な抹茶ソースがかかっていて、抹茶アイスもついていて、まさに抹茶づくし。

抹茶づくしの3セットを合わせて食べると、口の中にとっても濃厚な抹茶が広がりとってもおいしいです♡

あずきと練乳もついているので、パンケーキに色々な味を組み合わせて楽しむことができます。

あずきは甘さ控え目でちょうどいいですが、練乳がやや甘めなので、甘すぎるのが苦手な人は練乳は味変程度で十分だと思います。

値段はやや高めですが、見た目もかわいく、濃厚な抹茶に至福のひと時を味わえるので食べる価値ありです☆

写真より見た目は意外と小さいので、くどくなく、ちょうどいい量になっています。

ふくろうの急須もまたかわいくて癒されました♡

 

花蔵雪 手作雪氷

続いては、地下鉄士林駅から徒歩6分のところにあるかき氷屋さんです。

このお店のかき氷はただのかき氷ではありません。

見てびっくり!それがこちら☆

f:id:xiaoaiii:20191118212223j:plain

宇治金時提拉米蘇 220NTD(約780円)

なんと、抹茶かき氷の上に抹茶ティラミスが乗っているんです!

めちゃめちゃボリューミー☆

かき氷も食べたい~でもケーキも食べたい~なんて時に一度に二度楽しめるそんなスイーツです!

抹茶ティラミスはとてもなめらかで、濃厚な抹茶とミルクの組み合わせが絶妙です。

その下に抹茶かき氷。シャリシャリ系の氷ではなく、ふわふわ系のスノーアイスに近い氷で、口に入れた瞬間にとろけます♡

抹茶の良い香りが口いっぱいに広がります。

付け合わせの小豆もボリューミーで抹茶かき氷とティラミスに合わないわけがありませんね。甘さもちょうど良く食べやすいです。

白玉ももちもちで、ティラミス・かき氷・小豆・白玉を全部一緒に味わえるとても贅沢なスイーツになっています。

台湾のかき氷にしては値段は高めですが、ティラミスも乗っているのでお得だと思います。

甘いのが食べたいときにはもってこいの一品ですが、これだけでお腹がいっぱいになってしまうので、シェアをしたりしないとその後士林夜市で食べ歩き~はちょっと無理かもしれないです笑

 

Matcha One

最後におすすめのお店は忠孝復興駅から徒歩4分のところにあります。

このお店は店名から見てもわかるように、とにかく抹茶スイーツをたくさん扱っています。

抹茶ドリンク、抹茶ケーキ、抹茶ソフトクリームなどたくさんあり、抹茶のミルクレープも人気ですが、個人的に好きなスイーツはこちらです。

f:id:xiaoaiii:20191118215158j:plain

抹霜珍珠拿鐵 200NTD(715円)

抹茶タピオカラテです!

抹茶のソフトクリームも乗っていて、ソフトクリームも食べたいけど、タピオカも食べたい!なんてときにオススメです。(そんなときはあまりないかもしれませんがw)

抹茶にタピオカなんて、日本と台湾が融合したまさしく台日友好スイーツですね!(?)

ここの抹茶ソフトはほんとに濃厚で、何度食べてもうま~ってなります。

アイスがやや甘めなので、食べ終わってから抹茶ドリンクを飲むと味がやや薄く感じますが、だんだん舌がシフトしてきて、タピオカを楽しめるモードになります。

タピオカはやっぱミルクティーでしょと思う人が多いと思いますが、抹茶も意外と合うんですよ。抹茶好きにはたまらないですね。

タピオカももちもちでおいしい!お腹がいっぱいのときは、タピオカはなしにできるの心配無用です。

この店はほんとに抹茶スイーツがたくさんあるので、ぜひいろんな種類のスイーツも食べてみてください。

 

以上、抹茶好きさんへ送る台北の激うま抹茶スイーツでした!

 

冬でも食べたい!台北のかわいいおばけかき氷


大家好!しゃおあいです!

すっかり寒くなってきましたが、台湾ではたまに夏に逆戻りみたいな日もあるので、かき氷は年中食べれちゃいますね!

今日は台北で見つけたかわいいかき氷のお店を紹介します。

 

冰の怪物 路地

店名からして日本風なこのかき氷のお店は忠孝復興駅から歩いて4分のところにあります。

 

 

外観も日本風漂うオシャレな感じです。
f:id:xiaoaiii:20191110082117j:image

 

f:id:xiaoaiii:20191110144112j:plain

店内に入ると入店が初めてかどうか聞かれます。日本語のできる店員さんもいるので安心です。

注文方法はまず、かき氷の味を決めてそこに入っているカードを取ります。そのカードに好きなトッピング2種類をスタンプで押します。スタンプを押し終わったらそのカードをレジに持っていき会計します。どれを選んでも全部一律200元でした。カードは返却されるのでかわいい記念になりますね!
f:id:xiaoaiii:20191110082909j:image

 

私は今回、抹茶かき氷に、オレオクリームチーズ、白玉と小豆をチョイスしました!和のかき氷っぽくしてみました♡出来上がりが楽しみです!
f:id:xiaoaiii:20191110082955j:image

 

待つこと約5分。注文したかき氷ができました!それがこちら。

f:id:xiaoaiii:20191110083148j:plain

宇治抹茶200NTD


か、かわいい〜♡

 

おばけのかき氷がとってもキュート♡白玉も大きくトッピングもしっかりしていました。


f:id:xiaoaiii:20191110083342j:image

スプーンが厚みのある木なので氷がやわらかくなるまではちょっと食べにくかったですが、かき氷は抹茶が濃厚で、スノーアイスとはまた違い、シャリシャリからのふわ〜っと溶ける感じで口当たりなめらかです。

オレオクリームチーズも甘すぎず、かき氷に合います。白玉と小豆は抹茶かき氷に合わない訳がないので言うまでもありませんが、白玉がモチモチで食べごたえ抜群でした!

 

ちなみに私が食べているとき、やけに目線を感じるな〜と思ったら、おばけがこっちを見ていました笑
f:id:xiaoaiii:20191110084108j:image

 

トイレが2階にあるとのことなので、2階に行くとまたかわいいお部屋がありました。
f:id:xiaoaiii:20191110083800j:image

 

まさに日本って感じです。懐かしい畳に癒やされる空間になっています。
f:id:xiaoaiii:20191110083836j:image


f:id:xiaoaiii:20191110083952j:image

おばけの提灯もかわいい!


f:id:xiaoaiii:20191110083856j:image

庭園?をイメージしているのでしょうか。洒落乙ですね。

 

雰囲気よし、かき氷よしのお店で心がとても癒やされました♡

ザ·氷って感じのかき氷でもないので、冬でも食べやすいかき氷です。

ぜひ行ってみてくださいね!

goo.gl

 

豆腐好きにオススメ☆深坑老街

大家好!しゃおあいです!

よく台湾人に「台湾のどこが好きなの?」と聞かれますが、どこと言われるとなかなか答えるのが難しいですね。。

台湾人の親切な人柄、安くておいしい食べ物、美しい自然などなど台湾は本当に魅力だらけですが、個人的には中でも「夜市」「老街(古い街並み)」が好きです!

台湾は至るところに夜市や老街がありますが、今日は台北にある豆腐を使った小吃がたくさんある老街を紹介します。

豆腐好きさんには嬉しいスポットです☆

 

深坑老街

台北からバスで約20分で着きます。色々なルートがありますが、私は地下鉄市政府駅からバスに乗っていきました。市政府駅の3番出口の前のバス停で、912番のバス一本で深坑老街まで行けます。

 

深坑老街で降りるとバス停すぐ目の前に老街の入口があります。

f:id:xiaoaiii:20191109164511j:plain

深坑老街

平日の昼間に来ても大勢の人で賑わっています。

f:id:xiaoaiii:20191109165849j:plain

深坑老街と言えば「豆腐」なので、さっそく豆腐の小吃を食べていきたいと思います!

まずは台湾のB級グルメの代表「臭豆腐」から☆といっても色々な種類の臭豆腐が売っているので、とりあえず入口入ってすぐの行列ができている店に並んでみました。台湾で迷ったときは、とりあえず行列ができている店にいけば間違いないです。笑

f:id:xiaoaiii:20191109175309j:plain

臭豆腐

私は香菜(パクチー)が苦手なので、パクチーなしの3番「キムチとピーナッツの粉」を注文しました。

f:id:xiaoaiii:20191109175529j:plain

3番 泡菜+花生粉 35NTD

一つ一つその場で焼いているのでアツアツで、外はカリ、中はふわっとした臭豆腐で、キムチの酸っぱさとピーナッツ粉の甘さも絶妙でペロリと食べちゃいました。おいしかったです!

さて次のお店は豆腐とは関係ないですが、この老街でも有名なタロイモ団子のお店です!

 

阿珠芋圓

f:id:xiaoaiii:20191109180006j:plain

阿珠芋圓

f:id:xiaoaiii:20191109181201j:plain

トッピング

トッピングが目移りするほど多く何を頼んでいいかわからなかったので、とりあえず無難な綜合芋圓にしました。綜合は何でも入っているので、トッピングに迷ったらすでに決まっている組み合わせの綜合がオススメです。

f:id:xiaoaiii:20191109175939j:plain

綜合芋園 50NTD

店内が混んでいてテイクアウトにしたので、あまり写真がうまく撮れませんでしたが、モチモチのタロイモ団子とサツマイモ団子がたくさん入っていてボリューム満点です!

そろそろお腹がいっぱいになってきたので、散策してからまた小吃を食べることにします。

f:id:xiaoaiii:20191109180034j:plain

この昔ながらの雰囲気が残るレトロな感じの老街はやっぱりいるだけで癒されます♬

f:id:xiaoaiii:20191109180437j:plain

赤と緑のポストもかわいい♡

 

散策中にこれまたおいしそうな豆腐スイーツを発見!それがこちら☆

豆腐冰淇淋

f:id:xiaoaiii:20191109180454j:plain

豆腐冰淇淋

豆腐アイスです!見るからにおいしそうなので、お腹はまだいっぱいですが、食べてみることにしました。ノーマルの大豆をチョイスしました。

f:id:xiaoaiii:20191109180524j:plain

原味豆腐冰淇淋 35NTD

予想通り大豆の濃厚な香り漂うおいしい豆腐アイスでした♡サラサラなシャーべットに近いアイスでした。

 

深坑老街には豆乳や豆腐などもたくさん売っていてまさに豆腐好きにはたまらないそんな老街です!

台北からバスで20分で行けるので、ぜひ行ってみてくださいね^^

 

台湾でのカルチャーショック〜職場編〜

大家好!しゃおあいです!

私はワーホリのとき、台湾のドリンクスタンドで働いていました。(タピオカミルクティーの本場でタピオカミルクティーを作りまくっていました笑)

同僚はもちろん台湾人ばかりで、日本人は私一人でした。

そこで今回は職場で受けたカルチャーショックを紹介します。

f:id:xiaoaiii:20191030215952j:plain

台灣黑熊with珍珠奶茶

 

 

仕事終わりはバイバイと言って帰る

日本では仕事が終わったあと基本的には全員に向かって「お疲れ様でした。お先に失礼します」と軽くお辞儀をして帰ると思います。

でも台湾では違ったんです。

 

台湾人の同僚:「我先走囉,掰掰~(先に帰るね、バイバイ)」

 

·····!?バイバイ!?

 

最初は耳を疑いました。でもみんな仕事が終わって帰るときは「バイバイ」と言って帰るんです。

驚くのは、上司に向かっても同じだということ!

上司にも向かってバイバイ〜と言い、ひいては社長にもバイバイ〜という台湾人の同僚たち····衝撃でした(゚A゚;)

日本人はバイバイは友達の間でしか使えないので、台湾人の上司や同僚との距離のなさにただただ唖然としました。

バイバイって失礼ぢゃないのかな····と最初はなかなか慣れなかったですが、郷に入っては郷に従え。慣れって怖いですね。一ヶ月も経てば心置きなくバイバイと言って帰れるようになりました笑

台湾はなんてストレスフリーな国なんでしょう。台湾生活に慣れてしまうと日本の礼儀正しい堅苦しい感じを考えるだけでげんなりしてしまいますね(^_^;)

ちなみにバイバイは仕事が終わって帰るとき以外にも、物を買ったときとかもお店の人がお客さんに向かって「謝謝~掰掰~!(ありがとう、バイバイ!)」と言います。

店員さんがお客さんに向かってバイバイというのも日本では考えられないので、台湾はみんな友達みたいで距離感がなくていいなあと思いました。

 

上司も呼び捨て

日本では上司を呼ぶときは○○課長、○○係長、同僚でも○○さんなど役職名や敬称をつけて呼ぶと思います。

しかし、台湾ではあっても老闆(社長),主管(マネージャー)ぐらいで、それ以外は英語名か下の名前呼び捨てです。

結構上の人なのに、下の名前呼び捨てで呼ばないと行けないので、毎回呼ぶ度に失礼ぢゃないかソワソワしていました笑

呼び捨てなので、友達みたいな感覚でやっぱり台湾では上司と部下の距離感が近いような錯覚に陥ります笑

そして台湾人は英語名がほぼあるので、英語名で呼ぶこともしばしば。

Maggie、Johnson、graffitiなどなどたまに英語名と顔とのギャップがある人がいて、誰がつけたんだろうと思ってしまうぐらいです笑

 

仕事はラインでやりとり

これは良いのか悪いのか場合によって分かれますが、台湾では仕事のやりとりはほぼラインです。

パソコンにはラインが必ず入っているし、仕事が終わってもグループラインはずっとやりとりがされているので、便利は便利でもプライベートと仕事の境目がないので、個人的にはあまり好きではなかってです。

せめて仕事用のメールでのやりとりであれば時間があるときに見て返すができますが、ラインとなると既読はつくはすぐ返さなきゃいけないわでなかなかストレスになります。

でも上司への報告なども全てラインなので、恐らく変わることはないと思いますが…。

 

まとめ

台湾で働くことは職場や人間環境が日本とは全く違うので、郷に入っては郷に従えでとにかく台湾でのやり方に慣れることが重要だと思いました。

最初は日本人一人で不安でしたが、中国語もレベルアップするし、台湾人の仕事のやり方を直に学ぶことができるので、日本人経営のお店ではなく、台湾の企業やお店で働くことをオススメします!

日々カルチャーショックを受けますが、それもそれで楽しいですし、視野も広がるので、皆さんもぜひ色んな角度から台湾文化を体験してみてくださいね☆

台湾でのカルチャーショック~家庭編~

大家好!しゃおあいです!

みなさんも外国に行ったときにあると思いますが、私は台湾にいたとき様々な面でカルチャーショックを受けました。

国が違えば違って当たり前だと思いますが、やはりなかなか受け入れることができない自分がいて理解にとても苦しんでいます(;´・ω・)

これからちょいちょいそんなカルチャーショックをシェアしていきたいと思いますので、台湾への理解を深める参考程度にしていただければ幸いです。

 

 

「謝謝(ありがとう)」を言わない

「人に何かしてもらったらありがとうとお礼をいう」日本人は小さい頃からこの教育を受けて育っていると思います。

してあげた方もお礼を言われると嬉しく感じるし、また良くしてあげようという気持ちになるはずです。

しかし、台湾では特に家族間において「謝謝」と口に出して言わないのです。

以前、台湾人彼氏が家族にご飯をごちそうした日がありました。一人4000円ぐらいの値段的にも高いリッチな食事でした。

しかし、彼氏が会計を済ませると家族は何事もなかったかのように店を後にしていきました。

日本人は家族間であろうと、誰かにごちそうしてもらったら「ごちそうさま」「おいしかったよ」「高いのにありがとうね」などなど相手を気遣う言葉をかけると思いますが、台湾人にはそれがないらしく、私はカルチャーショックというより少し悲しい気持ちになりました。

彼氏に聞くと、「台湾人は「謝謝」を言いすぎると逆に距離感があるし、家族間ではほぼ言わない」とのことでした。

お礼を言うと他人行儀になるという感じでしょうか。。

「親しき中にも礼儀あり」ということわざがあるように、誰かが何かをしてくれたらちゃんとお礼を言うのは当然ぢゃないのかなぁ・・・と私はずっとモヤモヤしていますが。。

正直、自分から家族を想って何かをしてあげても、何とも思われていないような気がして虚しく感じます。

結論:台湾人にお礼を言いすぎると逆に他人行儀だと思われる可能性があるので、あまりお礼は言い過ぎない方がよいみたいです。。

 

子供が親に仕送りをする

台湾の子供は本当に親孝行です。というのも、社会に出た後は毎月決まった金額を両親に仕送りしているからです。

日本人でもしている人もいるかとは思いますが、社会人になった直後は自分で生活するのに精いっぱいだったり、学生時代に借りた奨学金の返済があったりしたら仕送りどころではない人が多いと思います。

しかし、台湾ではどんな事情があろうとなかろうと、言われなくても暗黙の了解で社会人になったら仕送りをするというのがあるみたいです。

お年玉も日本では親から子へ渡すものですが、台湾では子から親・祖父母に渡すので、こういったところからも、社会に出た後は親孝行をするという認識が強いのかもしれません。

親孝行はもちろん素晴らしいことだとは思いますが、今後自分たちが家庭を持ったとき、子供の養育費や生活費などを考えると、親にずっと仕送りをし続けるのは心配な点でもありますが。。

 

子供の彼氏・彼女は家族同然

以前、台湾彼氏と日本彼氏の違いでもちょっと紹介しましたが、台湾人は自分の彼氏・彼女をすぐに家族に紹介します。

紹介された後は、家族間での自分の扱いが家族一員みたいになり、境目があまりないように感じます。

facebookでも家族みんな友達になるので、自分のプライベートも彼の家族に見られている感じが正直慣れない部分でもありますが笑

日本人では結婚してからも、相手の親ましてや家族と親しくするなんていうのはそうないと思います。

良い意味で距離感を保ちながら、つかず離れずの関係性を保っている感じですが、台湾人は結婚前から距離感がないので、結婚したらどうなるんだろう・・・という感じです。

 

まとめ

距離が近くても国が違えば考えや価値観なども変わってくるので、カルチャーショックを受けるのは当然だと思います。

どっちが正しいという正解もないので、お互いがお互いの文化を尊重できるのが一番ですが、時間が経っても理解しがたいことは多々ありますね。。

でも良い方向に考えれば、実際に台湾人と密に関わらないと知ることのできなかったことばかりなので、文化の違いを楽しむぐらいの気持ちを持てるようになれたらいいですね。

f:id:xiaoaiii:20191028222149j:plain

in澎湖

一度で二度おいしい♬台北にあるB級グルメ☆

大家好!最近食べ物ネタが多いしゃおあいです!

今日は前回の滷肉飯に続き、またまたごはん系のB級グルメのご紹介です!

それがこちら!

建弘雞肉飯

忠孝敦化駅から徒歩4分のところにあります。

外観がなかなか小さいので、通り過ぎないように注意が必要です。

f:id:xiaoaiii:20191026104856j:plain

建弘雞肉飯

ちなみに雞肉飯(ジーローファン)は滷肉飯に似たローカルフードで、脂身がない鶏肉が細かく刻んでありやや甘じょっぱいタレで味付けしてあるB級グルメです。

このお店の名前からしてジーローファン専門店かと思いきや、なんと看板メニューは肉と滷肉がダブルで乗っていて一度で二度楽しめちゃうんです!

f:id:xiaoaiii:20191026112444j:plain

招牌飯50NTD(約170円)

トロトロな滷肉に柔らかい雞肉が絡んで絶妙な組み合わせで、まさにどっちも食べたい!というときにはうってつけのごはんになっています☆

昼時は満席でサラリーマンの方が結構多いです。もちろんテイクアウトもできます☆

食べているときにふと隣でおじさんが食べているものを見たら、おじさんのには煮卵が乗っているのに私が頼んだのには煮卵がない・・・!

なんてこったと思い、他の人の注文を聞いていると多くの人が「招牌便當」を頼んでいました。

そこで、次に行ったときに招牌便當を頼んだときに出てきたのがこちら↓

f:id:xiaoaiii:20191026112533j:plain

招牌便當75NTD(約270円)

煮卵乗っていました♡付け合わせでメンマもありました!

25元(約90円)プラスで煮卵とメンマがつくので、個人的には便當の方がオススメです☆

一度で二度おいしい素晴らしいB級グルメなので、ルーローファンも食べたいけどジーローファンも食べたい!と思ったときは、ぜひ食べに行ってみてくださいね☆

チェーン店のようで台北にはいくつかお店があるので、遊ぶスケジュールに合わせて近くのお店に行けると思います!

ぜひ一度お試しあれ☆

 

goo.gl