しゃおあいらぶたいわん

台湾のあれこれを満載!

発音が全て!中国語勉強法☆

 

大家好!しゃおあいです!

 

今日は私の中国語勉強方についてお話します!

ポイントは以下の3つ☆

 

 

中国語を勉強するきっかけを見つける

私は大学時代に第二外国語として中国語を専攻しました。

第二外国語で中国語を選んだ理由は、おばが中国人で中国語で会話できたらいいな~とそんな軽い感じで中国語を選びました。

 (この選択が人生を変える分岐点になるとは当時は思ってもみなかったですが…笑)

 

本題に戻ると、中国語は独学ではなく大学の授業で学びました。

ある日の授業で、先生が周杰倫(ジェイ・チョウ)の『七里香』という曲を流し、そこで中国語の音のキレイさに魅了され、もっとうまくなりたい!と思うようになりました。

ただ中国語を話せるようになりたいといったことだけでなく、何かきっかけがあると目標ができて中国語を楽しく勉強することができると思います。

 

ひたすら『音』で覚える 

それから授業だけでなく、『キクタン』というリズムに合わせて覚える単語帳をひたすら聞いたり、教科書の会話文を暗記するまでとにかく『音』で覚えていきました

中国語は発音が全てなので、とにかく毎日中国語に触れることが大切です。キクタンを聞いたり、留学生と交流したり、中国語の歌を聞いたり、台湾ドラマを見たりと私はとにかく音楽を聴くように中国語を吸収していきました。

 

耳で聞いて口で出すアウトプットをひたすら繰り返す

聞きとれるようにならなければ、話せるようにもならないので、まずは耳を中国語に慣れさせるのがポイントです。

耳で聞いて口でアウトプットするを繰り返すと、自然と自分の中での単語や語彙も広がってきて会話能力も上がっていくという感じです。

例えば中国語の歌を聴くときは、歌詞を見ながら聞こえているように歌うといったこともしていました。

例:周杰倫ジェイ・チョウ 『七里香』↓↓

雨下整夜 我的愛溢出就像雨水~ 

ゆーしあじょんいえ うぉーだあいいちゅーじうしゃんゆーしゅい~

 

中国語は発音一つで単語の意味が変わってくるので、まず発音をマスターするには音で覚えることを意識するのがオススメです!

 

一緒に頑張りましょう!我們一起加油吧♡