しゃおあいらぶたいわん

台湾のあれこれを満載!

激辛好きにはたまらない☆台北のオススメ激辛鍋!

大家好!しゃおあいです!

私はよくストレスがたまったときに辛い物が食べたくなるのですが、台湾で一人で食べれる激辛料理がなかなか少なく困っていたときがありました。

(火鍋は数人前だし、台湾料理も量が多い。。。)

そんな中、一人前で十分激辛を堪能できるお店を発見しました☆

激辛好きさんにはぜひ食べに行ってもらいたいです!

 

それがこちら!

 

阿二麻辣食堂

f:id:xiaoaiii:20191004204538j:plain

麻辣滷肉拌飯(40NTD)&新疆麻辣羊肉鍋(200NTD)

ここは台湾でお馴染みのローカルフード「滷肉飯(ルーローファン)」も辛いんです!

麻辣(マーラー)で山椒が聞いていて舌がしびれる辛さで、辛うま~♡なル―ローファンです。

辛いルーローファンは初めてだったので、すごく新鮮でした!!

鍋は一人前のサイズなので、おひとりさまでも気軽に食べれます。

メニューを撮り忘れてしまいましたが、鍋だけで30種類以上はあるので自分の好きな具材がたくさん入っている鍋を選ぶことができます!

具材はプラス料金で追加することもできます。

(私は羊肉とキクラゲが好きなので、羊肉ベースの鍋にキクラゲをトッピングしました☆)

 

余談ですが、台湾の火鍋には「鴨血」というアヒルの血の塊が入っています(゚Д゚;)

赤黒くてプルプルとした食感が特徴です。

鉄分を多く含むので特に女性には良い食品とされていますが、独特なにおいがあるので好き嫌いがわかれます。

ちなみに私は大きい鴨血は苦手です。。。

f:id:xiaoaiii:20191004213648j:plain

 

辛さは微辣、小辣、中小辣、中辣、大辣の5種類があり、私は最初行ったときは小辣を頼みましたがなかなかの辛さでした(;´∀`)

中小辣も食べましたが、ぎりぎりいける辛さで、これを超えると辛い~しか感じられなくなるような気がしました💦

痺れる辛さの中にもうまみがあって、汗をかきながら食べる最高においしい一杯です!

食べ終わった後の満足感はストレス発散になります☆(^▽^;)

 

あくまでも個人差がありますが、辛さレベルとまとめると以下のようになります。

微辣(微辛):辛いのは苦手だけどでもちょっと辛いのが食べたい人向け

小辣(小辛):普段から辛い物を食べ慣れているが激辛は厳しい人向け

中小辣(小と中辛の間):辛いの大好きで刺激が欲しい人向け

中辣(中辛):激辛をとにかく好む人向け

大辣(大辛):???

 

大辛はさすがに食べる勇気がなかったですが、激辛通の人はぜひ試してみてくださいね☆

一人でも辛いのが食べたいというときにとってもオススメな火鍋のお店でした☆


goo.gl

☆大安駅から徒歩8分